有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

中央大学附属高校 過去問対策

中央大学付属高等学校一般公募制推薦入試問題2011年度数学

中央大学附属高等学校の2011年度一般公募制推薦入試問題は計算を含む基本的な一行問題18問でした。

試験時間は30分、配点は60点でした。

一般入試の小問集合レベル(教科書の例題レベル)の問題を数多く解くことが、入試対策です。

                                   

中央大学附属高校2011年度 一般公募推薦数学入試問題 (17) 問題

中央大学附属高校2011年度公募推薦数学入試問題(17) 解説解答

∠Aの大きさを求めなさい。
解説
 プロ家庭教師中央大学附属高校数学
AB=AEより ∠ABE = ∠AEB,

また 平行線の錯角より ∠AEB = ∠EBC,

平行四辺形の対角は等しいので ∠ABC = ∠EDC,

CD = CE より ∠EDC = ∠DEC

平行線の錯角から、∠DEC = ∠ECB  また AE = BC より ∠ECB = ∠BEC

よって ∠ECB = ∠2a とおくと 5a = 180°から a = 36° よって ∠A = 108°

答   108°



Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com