有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

中央大学附属高校 過去問対策

中央大学付属高等学校一般入試問題2014年度数学


中央大学附属高等学校の2014年度一般入試は、応募者676名 受験者653名 合格者263名 倍率2.48倍。

数学の合格者最高点は 男女とも100点 合格者最低点は男子48点 女子35点 合格者平均点男子78.8点 女子75.1点でした。数学の問題構成は例年通り、昨年同様大問4題構成で、出題内容は 1.計算を含む一行問題8問,2.一次・二次関数のグラフ 3.平面図形 4.一次方程式の応用 でした。

解答のみを解答用紙に書く解答形式で、途中式は必要なくまた証明問題もありませんでした。

試験時間は60分、配点は100点。

今回は 2.一次・二次関数のグラフを解説します。基本問題です。取りこぼしのないようケアレスミスに気をつけましょう。


                                   

中央大学付属高校2014年度 数学入試問題 2. 関数 問題

中央大学附属高校数学入試問題

中央大学付属高校2014年度数学入試問題 2.関数 (1) 解説解答

(1) 直線ABの傾きをaを用いてあらわしなさい。

解説

プロ家庭教師中央大学附属高校



高校数学プロ家庭教師東京



中央大学付属高校2014年度数学入試問題 2.関数 (3) 解説解答


(3) 四角形ABCDの面積が6であるとき、aの値を求めなさい。

解説


高校入試プロ家庭教師東京

中央大学附属高校数学解答






Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com