有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

中央大学附属高校 推薦入試過去問対策

中央大学附属高等学校推薦入試問題2015年度数学


中央大学附属高等学校2015年度推薦入試問題は例年通り小問14問,(14)のみが枝問2問でした。

解答のみを解答用紙に書く解答形式で、途中式は必要なくまた証明問題もありませんでした。

今回は (9) 方程式の応用を解説します。基本問題です。取りこぼしのないようケアレスミスに気をつけましょう。


                                   

中央大学杉並高校2015年度 推薦入試問題 数学(9) 方程式の応用 問題

(9) 家から公園を通って駅まで行くのに、家から公園まで時速3kmで歩き、公園から駅まで時速5kmで歩くと42分かかる。ある日、家から時速3kmで歩いて公園に着いたとき忘れ物に気付いたので時速6kmで家に戻り、そのまま時速6kmで駅まで走ったところ63分かかった家から駅までの距離を求めなさい。

解説解答

家から駅までの距離をχ, 家から公園までの距離をyとする。 
中央大学附属高校数学入試問題

答   27km



Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com