有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

中央大学附属横浜高校 過去問対策

中央大学附属横浜高等学校数学入試問題

方程式の応用問題を解説します。速さの三公式は必ず覚えましょう。出会う場合と追いつく場合で式をどう立てるかがポイントです。

                                   

中央大学附属横浜高校2015年度 一般数学入試問題 問5 方程式の応用 問題

問5 AさんとBさんは、地点Pを出発し、15km離れた地点Qで折り返して、同じ道を戻って地点Pに戻ってくるコースで行われた30kmのマラソン大会に参加した。大会当日、AさんとBさんは地点Pを同時に出発し、Aさんじゃ始終一定の速さで走った。Bさんは一定の速さで走っていたが、しゅっぱつしてから1時間40分後に、地点Qで折り返してきたAさんとすれ違い、すれ違ったところからははじめの速さの1.75倍の速さで走った。するとAさんとすれ違ってから50分後にAさんに追いつき、先に地点Pに着いた。このとき、Aさんの速さとBさんのはじめの速さを求めなさい。ただし、Aさんの速さを時速χkm、Bさんのはじめの速さを時速ykmとして方程式を作り、答えを導くまでの途中経過も書きなさい。

解説解答

中央大学附属横浜高校数学入試問題





Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com