有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

法政大学高校 過去問対策

法政大学第二高等学校過去問研究

2013年度法政大学第二高等学校の数学入試問題は 例年通り小問集合と大問の組合せでした。出題内容も難易度も例年通りで 1.小問集合8問 2.確率 3.関数のグラフ 4.平面図形(円と正五角形) 5.立体図形(正四面体)大問5題構成でした。試験時間は50分で 総解答数が20。煩雑な計算がみられますので、手際よく処理できるよう基本~標準レベルの問題数をこなすようにしましょう。
今回は 3.関数のグラフを解説します。 


                                   

法政大学高校2013年度 数学入試問題 3. 関数 問題

中学数学関数

四角形ABOCはひし形であり、直線ACと放物線との交点のうちC以外の点をDとする。

点Cのχ座標が2であるとき、次の問いに答えなさい。

法政大学高校数学入試問題

問1. 点Dの座標を求めなさい。

問2. △OBCと△DBCの面積比を求めなさい。

問3. 原点Oを通り、四角形OCDBの面積を2等分する直線の式を求めなさい。

問1 解説解答

問1. 点Dの座標を求めなさい。

解説

高校入試プロ家庭教師東京

プロ家庭教師東京数学専門高校受験

問3 解説解答


問3.原点Oを通り、四角形OCDBの面積を2等分する直線の式を求めなさい。

解説

プロ家庭教師東京法政大学高校数学 

CA:AD=1:3-1=1:2

四角形ABOCはひし形なので △ABC≡△OBC

よって △CBO:△ABC:△DBA=1:1:2

それぞれの三角形の面積を△CBO~①,△ABC=① △DBA=②とする。

また 点Bを通りy軸に平行な直線と直線DCとの交点をMとすると

△AOM=△AOCなので △AOM+△AOC=□OCDBー(△AOM+△AOC)

直線DCはC(2,1)D(-4,4)を通り切片2なので、

法政大学付属高校過去問対策




Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com