高校受験指導専門プロ家庭教師の城市川高等学校過去問研究

市川高等学校受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ(東京本部) 03-6868-6040
お問い合わせ(福岡校) 093-592-6658


お問い合わせメール
ws-spaceone

プロ家庭教師集団スペースONE

HOME


市川高等学校入試問題解答解説

市川高等学校過去問研究

2009年度市川高等学校数学入試問題は 昨年同様大問7題構成。1.小問集合4問 2.方程式の応用 3.関数 4.立体図形 5.確率 6.関数 7.三角形 でした。出題形式・解答形式・難易度ともに例年通りでした。

今回は 2.方程式の応用 を解説します。

問題2

2つのコップA,Bを使って容器Cに水を入れる。

Aのコップ5杯とBのコップ6杯で容器Cはちょうど満水になる。

また、Aのコップ7杯とBのコップ3杯で容器Cはちょうど満水になる。

Aのコップだけでいれると、容器Cは何杯でちょうど満水になるか。

ただし、A.Bのコップを使って容器に水を入れるときは、空のコップに水を満たし、容器にすべて注ぐものとする。
t

スペースONEプロ家庭教師の解答で、市川高等学校の発表ではありません。



解説解答

Aのコップに入る水の量をχ,Bのコップに入る水の量をyとすると

5χ+6y=7χ+3y  2χ=3y  χ=2/3χ
5χ+6・2/3χ=9χ

答  9杯
市川高等学校過去問研究TOPに戻る
高等学校受験過去問研究

プロ家庭教師集団スペースONEリンク集
大学受験過去問研究
医大医学部受験過去問研究
志望校合格のための医大・医学部入試情報
中学受験過去問研究
志望校合格のための中学入試情報

HOME

Copyright(c)2007All Rights Rserved.

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団SPACE ONEに属します。