有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

慶応湘南藤沢高等部2011年度帰国生英語入試問題

慶應義塾湘南藤沢高等部帰国生過去問研究

SFC慶應義塾湘南藤沢高等部2011年度帰国生入試では 募集が男女約30名にたいし、志願者数男子145名,女子86名。受験者数198名,合格者数69名,補欠打電数26。入学者男子27名,女子29名でした。

慶応義塾湘南藤沢高等部入試問題は数学・国語(古文は含まず)は全国枠入試・帰国生入試とも同一問題, 英語は全国枠・帰国生別問題です。

2011年度 帰国生入試英語問題は Listening Part OneThree.  Reading Passage One 長文読解(選択式解答5) Passage Two 長文読解(選択式解答5). Grammar (選択式解答10)  Vocabulary (選択式解答10)でした。

今回は Passage Twoを解説します。

慶応湘南藤沢高等部2011年度帰国生英語入試問題

 問題1
問題2

解説解答

 

(1)  解説解答

It's actually surprising that not everyone has absolute pitch.

解説

選択肢1の意味は「どの人も絶対音感を持っているわけじゃないということは実におどろきだ」であり,これを述べたのはLevitinで第⑦段落の4~5行目で,..., the real mystery is why we dont all have absolute pitch, says cognitive psychologist Daniel Levitin of McGill University in Montreal.と述べている。

答  C

 (2)  解説解答
 Anyone can learn how to acquire absolute pitch.
解説
選択肢2の意味は「絶対音感の修得方法は誰でも学べる」であり,これを述べたのはDeutschで,第⑫段落の3行目にIts very likely that scientists will end up concluding that were all born with the potential to acquire very fine-grained absolute pitch.とあり,下線部の和訳は「みなきめ細かい絶対音感を修得する潜在能力を生まれつき持っている」となる
 
答   B

3.4.5.6.7解答解説は公開期限が終了しました。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com