有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

慶応義塾女子高校 過去問対策

慶應義塾女子高等学校数学過去問研究

慶応義塾女子高等学校は 一般入試・帰国生入試とも同一問題です。

2009年度慶応義塾女子高等学校数学入試問題は1.小問2問 2.関数 3.整数 4.平面図形の証明 5.立体図形と展開図 

例年通り大問5題構成。全問記述の解答形式でした。

今回は頻出の 2.関数 の問題を解説します。


                                   

慶応義塾女子高校2020年度 数学入試問題 4. 関数 問題


放物線 y=上に3点P,Q,Rがある。

点Pの
座標は正で、点Qの座標は点Pの座標より1大きい。

点Rはy軸に関して点Pと対称な点である。

さらに、点Sは四角形RPQSが平行四辺形になるような点とする。

点Pの座標をtとして、次の問に答えよ。

[1] t=2のとき、点Sの座標と直線RQの式を求めよ。

[2] 直線 y=3+29が平行四辺形RPQSを2等分するとき、tの値を求めよ。

[3] 点Tが、点Rから点Qまで線分RQ上を動くとき、三角形TRPが直角三角形になるような点Tをすべて求めて、その座標をtを用いた式で答えよ。


慶応義塾女子高校2020年度 数学入試問題 4. 関数[1] 解説解答

[1] t=2のとき、点Sの座標と直線RQの式を求めよ。
解説
点Sの座標
点Rはy軸に関して点Pと対称な点なので

Pの座標が (2,22) より R(-2,4)である。

点Qの
座標は点Pの座標より1大きいので、点Qの座標は(2+1,32)

点Sは四角形RPQSが平行四辺形になるような点なので、

点Sの座標 -2+1=-1, 座標=点Qの座標より 9  

点Sの座標(-1,9)  

  
直線RQの式
点Rの座標 (-2,4),  点Qの座標 (3,9)直線

直線RQの傾き  9-4/3-(-2)=1 

切片=9-3=6  

よって 直線RQの式 y=x+6 

答 点S(-1,9)      直線 RQの式 +6

慶応義塾女子高校2020年度 数学入試問題 4. 関数 [3] 解説解答


[3] 点Tが、点Rから点Qまで線分RQ上を動くとき、三角形TRPが直角三角形になるような点Tをすべて求めて、その座標をを用いた式で答えよ。
解説
三角形TRPが直角三角形になるのは① RQ⊥TP の場合と ② RP⊥TPの場合
① RQ⊥TP の場合

[2]より点Rの座標(ー

点Qの座標 {+1,(+1)}なので 

直線RQの式は y=


∠RTP=90°のとき RQ⊥TP

直線RQの傾きが 1 なので 直線TPの傾きは -1

よって 点Tは、点P(t,t2) を通り、傾きー1の直線と 直線RQとの交点になる。

点P(t,t2) を通り、傾きー1の直線の式は y=-
+bに(t,t2) を代入して解くと

y=-x+t2+t,と y=t との交点は T(0,t)

② RP⊥TPの場合
点Tの 座標=点Pの座標より 

このとき y座標は 直線RQ:y=t 上で
のときのy座標なので

y=t=+2



よって  T(+2

答   T(0,t),   T+2






Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com