有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

明治大学付属明治高校 過去問対策

明治大学付属明治高等学校過去問研究

2015年度明治大学付属明治高等学校数学入試問題は 1.小問集合5問 2.方程式の応用 3.平面図形 4.二次関数のグラフと図形 5.立体図形

例年通り5題構成でした。

今回は 明治大学付属明治高等学校数学頻出の  5.立体図形 を解説します。


                                   

明治大学付属明治高校 2015年度 数学入試問題 5.立体図形 問題

図のように1辺の長さが4の立方体ABCD-EFGHの辺AB上にBP = 1となる点Pと、辺GH上にGQ = χとなる点Qがある。立方体の表面を通って点Pと点Qを結ぶ最短の経路のうち、辺CD上の点を通る場合の長さをl, 辺CG上の点を通る場合の長さをm, 辺FG上の点を通る場合の長さをnとする。このとき、次の各問いに答えなさい。

立体図形中学数学

(1) m = 7のときχの値を求めなさい。

(2) (m + l) (n - l) = 1のときχの値を求めなさい

(1) 解説解答

(1) m = 7のときχの値を求めなさい。

解説解答


展開図高校入試問題

明大明治高校数学入試問題

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com