有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

明治大学付属中野高校 過去問対策

明治大学付属中野高等学校過去問研究

2014年度明治大学付属中野高等学校入試結果は 募集人数 138名にたいし、志願者数 923名 受験者数 864名 合格者数 280名 入学者数 144名 合格最低点 172点でした。

数学入試問題は 1.計算問題合4問 2.小問集合6問 3.一次関数 4.立体図形の容積 5.円の性質 6.方程式応用が出題されました。例年通り各分野からの満遍ない出題でした。

今回は 4.立体図形の容積を解説します。基礎固めに必要な問題を学習しましょう。


                                   

明治大学付属中野高校 2014年度 数学入試問題 4. 立体図形 問題

正面と側面から見た形が下の図のような空の水槽があります。この水槽に1分間に3000cm3の割合で水を入れると、入れ始めてから2分経ったときの水面の高さは、Aのところまで来ました。

このとき、次の問いに答えなさい。

明治大学中野高校数学入試問題

(1) aの値を求めなさい。

(2) 水を入れ始めてから、3分間経ったときの水面の高さを求めなさい。

(1) 解説解答

(1) aの値を求めなさい。

解説

1分間に3000c㎥の割合で水を入れて2分間の水量は

3000×2 = 6000c㎥

明大中野高校数学入試問題

底面積は20×a,高さはacm

明治大学中野高校数学プロ家庭教師東京


Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com