有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

早稲田大学本庄高校 過去問対策

早稲田大学本庄高等学院過去問対策研究

平面図形問題で、三角形の頂点から底辺に垂線をおろし高さを求める問題は、高校受験の数学入試問題では典型問題です。平面図形が苦手な受験生は典型問題を繰り返し練習して受験対をとりましょう。

今回は2015年度早稲田大学本庄高等学院一般・帰国生数学入試問題[4]を解説します。

                                   

早稲田大学本庄高等学院2015年度 数学入試問題 4. 平面図形 (証明問題) 問題

早稲田大学本庄高等学院数学入試問題

問1 解説解答

(1) ABの長さを求めよ。
解説
早稲田大学本庄高等学院平面図形
 中学数学三平方の定理                                              



問2 ② 解説解答

(3) 問2でできた立体の表面積Sを求めよ。
解説解答
 半径の比体積比
AD:BC = 7:8なので、FD:FC = 7:8

DC = 2なので FC = 16

円錐形の面積体積




Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com