有名進学塾、予備校カリキュラムに精通し、超難関中学受験、医学部受験、不登校、学力不振等、多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

中央大学杉並高等学校2014年度帰国生数学入試問題

中央大学杉並高等学校の2014年度帰国生入試は、募集男女合計 20名に対し、応募者男子67名 女子48名 受験者男子63名 女子45名 合格者男子22名 女子23名でした。

入試科目は基礎学力検査(国・数・英 3教科 各教科30分),◎面接(受験生のみ)です。

数学の問題構成は例年通り 一行問題が中心で全7題のうち6題が小問、[7]のみ枝問2問でした。

今回は 4.平面図形の求積を解説します。相似形(合同図形)を見つけて短時間に手際よく解いていきましょう。


中央大学杉並高等学校2014年度帰国生数学入試問題4.平面図形の求積 問題

中央大学杉並高校帰国生数学入試問題解説解答

中央大学杉並高等学校2014年度帰国生数学入試問題4.平面図形の求積 解説解答


直線ADと直線ECの交点をFとする。

△AEFと△CDFにおいて、

∠EFA = ∠DFC (対頂角), ∠AEF = ∠CDF = 90°, AB = AE = CD = 3cm 

したがって △AEF ≡△CDF より 四角形EACDはEF = DF,AF = CDなので等脚台形

EF = DF = χとおくと


高校帰国入試プロ家庭教師東京
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com